飛ばねぇ豚はただの豚 →でも豚(トン)だ

10月の雪。たおやかに。ワイルドに。

トルコリラ建て債権

f:id:allapren:20180606152735p:plain

 

 

新発債|債券(外国債券) |商品・サービス|株のことならネット証券会社【カブドットコム】

 

 

 

トルコ行きたい病。

我が家の、

「キャッシュを引き出すための専用口座という名目の微銭積立口座」の銀行から、

角2封筒が届きまして。

 

何かと思ったら、

 

f:id:allapren:20180528184140j:plain

 

●海外ATMで現金をお引きだしの場合のご利用手数料を実質無料でご利用いただけます。

 

っておい。

 

こないだの検証を嘲笑われてる感すごいんですけど。

 

一足もふた足もおそいぜ。

為替レートと金利と手数料

今回の訪欧で、クレカが浸透している欧州でも田舎に行けばまだまだキャッシュ社会だなと実感。

理由はほかでもない、小売店が手数料を払いたくないからで、カードを取り出した瞬間に「ダメ」と言われることもたびたび。

かつ、今回宿泊したところが結果民泊的な扱いになり、現金出払ってくれといわれ、さらには欧州のトイレ事情を勘案してコインを常備しておきたかった。

 

そんなわけで、ATMからキャッシュをおろすわけですけど、たいがいクレカのキャッシングが効率良ですよね??

銀行口座からキャッシュカードで引き出したらどれくらいの差になるのか、今回試してみた。

対象額は400ユーロ。

 

キャッシングの場合は、いつも三井住友VSAで金利は90万まで15.0%。

為替レートはたぶんカード決済と同じようにVISAの基準レートに三井住友VISAの外貨取り扱い手数料1.63%がかかる仕組みだと思うので、これに借りた日数の金利を加算。

※VISA・MASTER・JCBの基準レートは公表されてます

f:id:allapren:20180523174650p:plain

 

1ユーロ=132.80円換算 →400ユーロ=53120円。

帰国後繰り上げ返済したとして10日で136円。=53256円。

翌月返済としても30日で493円ほど。=53613円

 

他方、銀行はプレスティアで、各トランザクションに対してATM手数料が216円(税込み)。

圧倒的に高い。( ̄Д ̄;) 

まず、換算レートそのものが高い。1ユーロ=137.2150~137.4659円。

今回は最初200おろしたら足りなくて、残念なことにもう1回おろしちゃった。

今回ATM手数料2回分の432円がかかっているので、55368円

 

f:id:allapren:20180523174347p:plain

 

1700円分のランチが消えた (T _ T)

 

ちなみにふつーにカード決済できれば、今回の決済実績で133.12~133.28円換算。

 

支払う額としては圧倒的に、

 

カード決済 < キャッシング <銀行引出し

 

もうすでにプレスティアは

「キャッシュをひきだすための専用口座という名目の微銭積立口座」

になりつつありますはい。

デルタアメックスの改悪

絶対に遭遇したくない人が同時期に旅行先に滞在してるってものすごい緊張感ですね。

帰りのフライトまでまさかの同じ便だったし、今年の恐怖を使いはたした気がする。

 

f:id:allapren:20180527212232j:image

 

allap.hatenablog.com

さてと、デルタアメックスが改悪(および改良)になりますねよろぶん!

 

変更点 2018年6月26日から

メダリオン資格は年間利用額に応じて付与

・年間利用額に応じたボーナスマイルは廃止

・海外利用時のマイル獲得率アップ

・家族カード1枚目が無料に

 

 

年間150万利用でゴールドメダリオン、100万利用でシルバーメダリオンが付与されるとのこと。

年間150万は使うにはつかうのだけど。

 

よくよく考えてみると、海外旅行時に荷物預けないんですよね。

だからほぼ前日とかにオンラインチェックインしちゃうんですよね。

そうするとそもそもチェックインカウンターに向かう必要がないんですよね。

てことは優先チェックインとか意味ないよね。

直接搭乗口に行けばいいわけだからさほど時間余裕持って空港に到着してなくていいし、そうなると実はラウンジもほとんど使わない。(利用実績過去2度だけ)

 

ってわけで、年間決済額に応じて付与されるボーナスマイル(これにより還元率1.5%)が最大の目的だったわけですが。

これが廃止になるならいらない。

家族カードが1枚無料になろうが、いらない。

為替レートがもともとビザマスターのほうが良いから、海外利用での還元率が上がろうが、いらない。

だって年会費が高いんだもの。

 

デルタアメックスゴールドの導入検討してたけど、あっさり却下。

 

保有カード=

メインカード:デルタスカイマイルSuMi TRUST CLUBゴールド(VISA)1.3%還元

サブカード①:リクルートカード(MASTER)1.2%還元

サブカード②:三井住友VISAゴールド(VISA)0.5%還元

Tポイント:ヤッホー(JCB

定期券:メトロカード(VISA)

 

今回の旅でわかったことは、案の定EU圏ではマスターカードが圧倒的主流ということ。

ただ、アメックスがICチップ搭載したことで観光市内なら利用できるところは若干増えつつある印象。あとは為替レートの善し悪しかな。

ICチップのないメインカード(稀少)はほとんど使えずじまいで、7割ほどMASTER決済。

三井住友VISAはICチップ付いてるけど、それなら還元率の高いリクルートカード使うよ。

ニッポンはオリンピックまでにすべてのクレカにICチップ搭載を目指しているようだから

いずれメインカードにもチップが付く日が訪れるかもしれない。

(そのときカード番号が変わりませんように・・・祈)

 

そんなわけで、ラインナップ据え置き。

 

もしアメックス持つんなら、やっぱりスタンダードな緑が何かとよさげ。

(解約したけど)

メインカード考察

鼻がむずがゆくなる季節ですね。

 

f:id:allapren:20180306191659j:image

 

SuMi TRUST CLUBのデルタカードをメインカードとしてスカイマイルを貯めてます。

マイル還元率、1.3%。

遙か以前から、ずびーっとノースウエストで貯マイルしていた酢豚。

メインバンクだったシティで提携カードを作った名残で、

ノースウエストがデルタになった今も、。

シティカードが三井住友トラストホールディングスになった今も、。

ずびーっとご縁を貫いているわけですね。

 

一途に。

 

デルタアメックスをいうクレカがあります。

 

f:id:allapren:20180305180430p:plain

 

正式には、デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカード。ながっ。

年会費は2万6千円+消費税です。たかっ。

 

 

入会、利用特典として、現在3万2千マイルのボーナスあり。

還元率1%として、三ヶ月300万円以上使って得たマイルと同等です。これいーぃね!

 

って思います。

思いました。

 

対象外なひと、キタこれ。

 

<キャンペーン特典の対象条件について>

以下の場合は本キャンペーン対象外とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

・家族カードのみお申込の方

・アメリカン・エキスプレスカードを既にお持ちの方

・既にお持ちのアメリカン・エキスプレスのカードから切り替える方

・過去にアメリカン・エキスプレスのカードをお持ちで再入会される方

 

 

へいへーい!

 

アメックスとは2006年まで、アメ緑と7年ほどのお付き合いでした。

メインカードがシティカードだったのと、

ポイント→マイル移行めんどくさ!

移行手数料もったいな!

って思って解約しました。

 

とはいえね。

年間100万以上利用で付与されるボーナスマイルに思いをはせる。

貯マイル率1.5%。

一部公共料金や税金払いで還元率が減ってもなんのその。

スカイチームで飛ぶのなら、メダリオン大歓迎なはず。

 

(なのになんで5月のフライトはANAとってんのよ)

 

難があるとすると、アメックスブランドはヨーロッパで超絶弱いということ。

そんなときは、

 

信頼の三井住友ビザとか、

1.2%還元のリクルートマスターとか、

 

使えるカードはあれど、物価の高い欧州地域ほどできればメインカードを切りたいのが心の叫び。

かといって、毎月欧州に飛べるほどのセレブじゃない、ただの酢ブだけど。

 

ほかに、JAL/ANAを含む各社のマイル移行が等価でできる、SPGアメックスというカードもありますね。

正式には、スターウッドプリファードゲストアメリカンエキスプレスカード(ながい)、3万1千円+消費税。

年1泊の無料宿泊特典を利用すれば即もとはとれるので、ラグジュアリーなホテルがお好きな方にはおヌヌめです。(←やめんかい)

 

ファーストフライとのボーナスマイル付与は生きるもようなので、5月のベルギー後に検討しようと思います。

 

ちなみに、SEアポーペイに組み込めるんかなこれ。

でも生体認証がメインになったら、もはらアポーペイもお払い箱か。